山口大学理学部サイエンス・セッションU18

本日、本校の科学部は山口大学理学部サイエンス・セッションU18に参加しました。

<ポスター発表の部>

J3-1 田辺太陽「電気鰻ブラックゴーストの電気定位についての研究」

J3-1  田中美伶 「絶滅危惧種カワネズミの生態と環境への適応について」

J3-1  荒地香澄 「オオサンショウウオの皮膚から分泌される粘液の成分とはたらきについて」

J2-1  岡山小桜・吉本志織 「ニワトリの骨格標本を作って分かった、鳥類の進化の『道すじ』」

J2-1  立石将一 「集中豪雨が予言するオオサンショウウオの新しい生息地」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です