学校法人 山口高川学園 高川学園高等学校・中学校
HOME
学園概要
施設紹介・寮紹介
交通アクセス
特待生制度
募集要項
高川学園高等学校
学科紹介
学校生活
部活動
進路状況
高川学園中学校
中・高・塾一貫教育
学校生活・部活動
Q&A
お知らせ・緊急情報

茶・華道部

茶・華道部

茶・華道部 紹介

私たち茶華道部は月2回活動しています。

華道の流派は小原流です。ここで、華道について簡単に説明します。花を活ける花瓶を花器、花を挿す扇形の針山を剣山といいます。また、活ける時にメインにする花を主し、脇役の花をきゃくしといいます。花器に剣山を入れ、剣山が隠れる程度の水を張り、主しを剣山の中央に、きゃくしを主しの斜め前45度に傾けて挿します。その後は自分の感性のまま、周りに花を添えていきます。

 とても簡単に出来ますし、活け終わった後の花は持ち帰ることができるので、家でも好きなように生けることができるという楽しみがあります。

 次に、茶道について説明します。華道に比べ、ご存知の方が多いかと思いますが、お手前さんとお客さんによるお茶会です。お客さんで一番偉い方から順に、正客、次客、末客といい、お手前さんは正客から順にお菓子を出し、お釜でお抹茶を点てます。

 これが茶道の大まかな流れですが、掛け軸や花、茶道道具の拝見など、細部にわたる動作があります。また、茶道道具に関しても、お抹茶を入れておくための「棗」という、漆塗りの綺麗な器や、お抹茶を泡立てる茶せん等の道具があり、点て方は流派によって異なるなど、とても奥の深いものです。上手く泡立てると、美味しいお抹茶が味わえます。

 茶道でも華道でも、興味を持った方がおありでしたら、ぜひ部活を見学しにいらしてください。

 

サイトマッププライバシーポリシーお問い合わせ
Copyright 2006(c) Takagawa Gakuen. All rights reserved.